HOME | パチンコ > CR妖怪人間ベム MM

CR妖怪人間ベム MM

高砂電器産業

台紹介リーチ
アクション
予告
アクション
フロー&
モード
動画

名作ホラーアニメとのタイアップ機が登場!

大当り確率
  1/307.25
→1/39.65
確変率
  70%
  次回まで

みんなの評価

みんなの初当たり

~5,000 ~10,000 ~20,000 ~30,000 30,000~
                   

基本データ

タイプ デジパチ
仕様 突然確変、突然時短、突然通常、小当り、潜伏確変、出玉振分、8個保留、入賞口ラウンド数変化、モード
大当り確率 1/ 307.25→1/39.65
確変率 70%
確変システム 次回まで
時短システム 通常当り後50or100回
平均連チャン数 4.3回
賞球数 3&3&10&13
大当り出玉 約400〜1320個
ラウンド 15orダーナバトルボーナス(15or30or45開放)
カウント 8
納品日2009/11/22

大当り図柄

確変図柄
チャンス図柄

台紹介

本機は、1968年の放映開始から現在に至るまで根強い人気を誇るホラーアニメ『妖怪人間ベム』とのタイアップ機。

キャラクターデザインは2006年に放映されたリメイク版『妖怪人間ベム~HUMANOID MONSTER BEM~』のものが採用されているぞ。

原作の熱い妖怪バトルシーンはもちろん、妖怪⇔人間の変身シーンや「早く人間になりたい」の名セリフも搭載されているのでファンは必見だ。


本機最大の特徴は、高い継続率と出玉性能を持つ連チャンモード「妖怪モード」だ。

主に出玉アリ確変当りから突入するこのモードは、一旦突入すれば約78.3%もの確率でループ(時短含む)し、大当り全てが15R当りになるので、一挙にドル箱を積み上げることも十分可能。
※電チュー保留消化時

いかにしてこの「妖怪モード」へ突入させるかが勝負のカギを握っているぞ。


そのほかにも、出玉がランクアップするバトルボーナス「ダーナバトルボーナス」や、動けばチャンスとなる「爪役物」など見所は実に満載だ。


本機のスペックは大当り確率約1/307、確変率70%のミドルバトルタイプ。
驚異の出玉増加速度を持つ「妖怪モード」を是非ホールで体感してほしい。

ゲームの流れ

●通常時の流れ
本機は、通常時はもちろん大当り中・電サポ中とも全て通常打ちでOK。

●大当りの流れ
奇数図柄での大当りは15R確変大当りとなり、大当り終了後には電サポ付き確変モードの「妖怪モード」へ突入する。


偶数図柄揃い時は、いつ大当りしたかによって出玉や演出が異なるのが特徴。

①電サポ中以外の場合
通常時や妖怪人間モード中に偶数図柄が揃った場合には、ランクアップボーナス「ダーナバトルボーナス」が発生。

振り分けの種類は以下の通り。
バトルが続くほど大当り出玉は増加する!?
15開放:  約400発(通常or確変)
30開放:  約800発(通常or確変)
45開放:約1,200発(確変確定!?)

最終的に勝利すれば電サポ付き確変モードの「妖怪モード」へ、敗北すると確変or時短50回のモード「チャンスモード」へ突入する。


②電サポ中の場合
電サポ中に偶数図柄が揃った場合には15Rチャンス当りとなり、15Rフルの出玉を獲得できる。

ラウンド中に昇格演出が発生すれば「妖怪モード」へ、昇格しなければ確変or時短100回のモード「チャンスモード」へ突入する。


●モードの流れ
2R通常・2R確変・小当りを契機として、潜伏確変のチャンスとなる「妖怪人間モード」(電サポナシ)へ突入する。

背景によって確変期待度が異なり、「ドクロ背景」が発生すれば大チャンス!?

初打ちレクチャー

本機では通常時・大当り中・電サポ中と、いかなる時も通常打ちでOK。

ただし、確変潜伏の可能性があるモード演出を搭載しているので、演出に注目して確変を取りこぼさないようにしたい。

また、電サポ中にヘソ保留を消化すると2Rや出玉の少ない当りが発生してしまう可能性があるので、電チュー保留を切らさないように気を付けよう。


通常時の予告演出では、リーチ後に発生する可能性がある「群予告」が大チャンス。

擬似連続予告の回数も重要だ。


リーチ演出では「ベムリーチ」から発展する「妖怪ベムリーチ」が単体でも期待できるリーチとなっている。

「バトルリーチ」は展開次第で期待度が激変し、「ベラVSローゼ」や「妖怪人間勢揃い」のパターンは大チャンスとなるぞ。

演出紹介

(C)2006ADK/妖怪人間Project
(C)ABILIT

このページの先頭へ